スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

SONY PlayStation3

プレイステーションスリー

 

【発売日】:2006年11月頃

【大カテゴリ】:SONY

【小カテゴリ】:プレステ

【カラー】:チャコール・ブラック/クラシック・ホワイト/サテン・シルバー/セラミック・ホワイト/クリアブラック

PlayStation3の修理料金

修理メニュー 修理料金目安 作業時間目安
画面割れ 要問合せ 60分~
液晶不良 要問合せ 60分~
バッテリー交換 要問合せ 60分~
水没修理 要問合せ 60分~
データ復旧 要問合せ 60分~

不具合事例

YLOD(Yellow Ling Of Death)

本体の電源ボタンを押すとランプが赤色、緑色、黄色、赤点滅に点灯し、起動しなくなるという症状があります。この症状はYLOD(Yellow Ling Of Death)と呼称されており、多くのユーザーから不具合の報告が上がっています。PlayStation3は非常に高温になりやすく、稼働時と電源オフ時の温度差が激しいとマザーボードのチップを繋ぐハンダが収縮し、割れてしまうことでYLODが発生し、この場合、SONYでは購入から1年以上が経過すると保証を受けることが出来ないため、新しく買い直すか、有償修理で対応してもらう必要があります。一部のユーザーからは基盤に直接ドライヤーやヒードガンで熱を加えて修復出来たとの報告がありますが、チップやコンデンサ、CPU等のマザーボードのパーツを破損させてしまう可能性がありますので、絶対にやらないようにしましょう。

システムファイルの復元

電源投入後、「システムファイルの修復が必要です」と表示され、そこから修復を開始しても進行状況が進まないという症状があります。これは本体の内蔵HDDが故障したことにより、読み込みが出来なくなってしまったことが考えられ、この場合HDD交換で改善を試みる必要があります。