【iPhone11】位置情報取得は"超広帯域無線を制御するため"とのAppleからの回答! | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

【iPhone11】位置情報取得は"超広帯域無線を制御するため"とのAppleからの回答!

ITセキュリティジャーナリストブライアン・クレブス氏により、iPhone11 Proでは位置情報取得の設定をオフにしているにも関わらず位置情報取得を意味するアイコンが出現するということを発見しており、Appleからより詳しい回答をいたしました。

 

当初は"デザイン上の仕様である"との回答

 

クレブス氏がiOS13.2.3がインストールされているiPhone11 Proでは位置情報取得をオフに設定変更した後でも、位置情報を意味するアイコンが表示されるといった内容の動画を自身のブログ上に掲載していました。
Appleに内容の確認をクレブス氏が求めたところ「セキュリティへの影響はいっさいない。位置情報サービスアイコンは、位置情報サービスがオンになっているときに現れる。アイコンは、スイッチを持たないシステムサービスのため出現することもある」と回答としては意味がよく分からないものが返ってきました。

 

本当の理由はUWBの制御か

 

Appleは今回のiPhone11シリーズで位置情報取得がオフにしていても位置情報が取得されるという件についてより詳しい説明を発表しています。

超広帯域無線(UWB)は業界標準技術で、国際的な規制要件を満たす必要があり、特定の場所では遮断されなければならない。iOSは、iPhoneがそれらの禁止区域にあるかを判断するのに位置情報サービスを使用している。UWBを無効にし、規制を遵守するためだ。
UWBの規制遵守の管理と位置情報の使用は、すべてデバイス上で行われているため、Appleはユーザーの位置情報を収集していない。

との内容です。
最初の回答で出しておけば問題はなかったかと思いますが、後出しの形での詳しい説明になりました。
こういったところはあらかじめ出しておいて欲しい内容ではありますね。

Source:AppleInsider
Source:iPhoneMania

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3-35-6 新宿アウンビル5階

0120-336-099

ブログ

カテゴリー