今年上半期にAndroidスマホが超広帯域無線に対応開始の可能性あり。 | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

今年上半期にAndroidスマホが超広帯域無線に対応開始の可能性あり。

AndroidスマホがiPhone11/iPhone11 Proのように、UWB(超広帯域無線)に対応したAndroid端末をリリースするとBarclaysのアナリストが推測しております。
このリリースされる時期ですが、2020年上半期ではないかといわれています。

 

「U1チップ」はどういったものに活用されるのか

 

iPhone11シリーズでは、超広帯域テクノロジーを使った空間認識の為に【U1チップ】が埋め込まれており、今年度の発売が期待されているAppleの紛失防止タグ【AirTag】にも使用されるといわれているものです。
UWBに関してですが、Appleは「リビングルームほどの空間で機能するGPSのよう」と述べており、iPhone11シリーズのデバイスを使用してAirDropでファイル共有を行う際に、自身のiPhoneを送りたい相手のiPhoneに向けるだけでリストの最初ユーザーが表示されるようになっています。

 

どこのデバイスが最初に対応する可能性があるのか

 

米メディアMacRumorsが入手しているBarclaysの研究メモによりますと、「今年上半期にUWB、NFC(近距離無線通信)、セキュアエレメントを統合したNXP SemiconductorsのチップがAndroid端末に搭載され始める」という内容のようです。
また、AndroidデバイスがUWBに最初に対応するかは定かではないという前提ですが、技術開発のためSamsungが昨年NXPのコンソーシアムに参加していました。
「SR100T(NXPのUWBチップ)を搭載したモバイルデバイスで、ドア、入場システム、自動車を近づくだけで開けられるようになる」とNXPがプレスリリースの中で述べていました。
また、「UWBに対応する照明、音声スピーカー、その他のデバイスがユーザーを部屋ごとに追いかけ、スマートテクノロジーが直感的に人々の生活に組み込まれる」とも述べています。
iPhoneだけでなく、今後のAndroidスマホも超広域無線に対応する可能性が高まってきたのはAndroidユーザーにとっては嬉しいですね。
今後の情報も追いかけていきたいです。

Source:iPhoneMania
Source:MacRumors, NXP Semiconductors

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3-35-6 新宿アウンビル5階

0120-336-099

ブログ

カテゴリー