スマホの写真がフリマみたいに売れる買える「Snapmart」 | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

iPhone修理店舗を選択

×

スマホ修理店舗を選択

×

スマホ修理店舗を選択

×

スマホ・タブレットを選択

×

スマホ・タブレットを選択

×

修理メニューを選択

×

修理メニューを選択

×

修理メニューを選択

×

修理メニューを選択

×

修理メニューを選択

×

修理メニューを選択

×

修理メニューを選択

×

スマホの写真がフリマみたいに売れる買える「Snapmart」

[2019/05/10]

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

スマホ修理のスマホテック新宿本店です。

本日はスマホさえあれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができちゃうかもしれないアプリについて調べてみました。

「Snapmart」というアプリはご存知でしょうか?

私も本日初めて知ったのですが、既にiOS版は2016年4月に提供を開始し、14万ダウンロードを突破しているそうです。

そんな「Snapmart」がこの度、5月7日にAndroid版をリリースしたそうです。

「Snapmart」とは?

そももそも「Snapmart」とは何かといいますと、スマホアプリから、誰でも手軽に写真を売り買いできるサービスとのことで、購入はWebサイトからも可能とのことです

必要なのはスマホだけで、高価なカメラもPCも必要なく、出品された写真は、広告エージェンシーやブランド企業、メディアなどに購入され、企業のインターネット広告やSNS投稿、メディアのアイキャッチ素材などに利用されています。

販売価格の30~60%が報酬となるそうで、受賞すると500~1000円の賞金がもらえるといったフォトコンテストも毎日開催しているそうです。

また、クライアント企業に選ばれたユーザーはアンバサダーとなり、毎月開催されるアンバサダーフォトコンテストへの参加できる他、企業に優秀作品として選ばれると5,000円~10,000円の賞金を受け取れるといったコンテストも行っているとのことです。

また、企業から贈与された商品の写真を撮影・納品、特定のハッシュタグをつけて使用感を発信することもできるようになるそうです。

 

 こういったコンテスト入賞回数が増えると、企業からの指名で商品・サービスの撮影依頼が入るチャンスを得られそうで、指名されたクリエイターは撮影報酬なども受け取ることも可能とのことです。

個人的所感

SNSなどでカメラの需要がどんどん高くなっている中、Androidスマートフォンのカメラはとても高性能になっております。

国内ではスマホを利用している大半がiPhoneユーザーと聞きました。

いくつかブログでもご紹介しましたが、Xperia1やPixel3aなど今年発売されるであろうAndroidスマートフォンは高性能なカメラを搭載したものばかりであります。この「Snapmart」をきっかけにAndroidユーザーが増えるのではないでしょうか。

 

引用元

Source:itmedia.co.jp

Source:snapmart.co.jp

Photo:itmedia.co.jp

Photo:itmedia.co.jp

Photo:itmedia.co.jp

新宿本店のブログ一覧

無料お見積り
水没申し込み
データ復旧修理申し込み

インフォメーション
information

Android修理店舗一覧
スマホ修理のスマホテック