「iCloud写真」と「マイフォトストリーム」の違いはご存知ですか? | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

「iCloud写真」と「マイフォトストリーム」の違いはご存知ですか?

新宿本店

2019.07.09

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

iPhone修理&スマホ修理のスマホテック新宿本店でございます。

SNSなどの普及により、カメラの使用頻度が昔に比べ格段に上がったかと思います。

私も全然、写真を撮る方ではございませんでしたがサイトやSNSにアップする為、どこか行った際には最低でも一枚撮るようになりました。

今回はそんなカメラ関連のお話でございます。

Appleのクラウドサービス「iCloud」

iPhoneで写真を撮影される方はたくさんいらっしゃると思います。

何枚も写真を撮影しているとiPhoneのストレージはあっという間に埋まってしまいます。

そんな時に頼りになるのがインターネット上で保存できるクラウドサービスです。

Appleが提供するクラウドサービスには「iCloud」がございます。

この「iCloud」には実は「iCloud写真」と「マイフォトサービス」といった写真保管サービスがございます。

「iCloud写真」とは?

「iCloud写真」はiPhoneで撮影した写真や、一眼レフカメラなどで撮った写真をMacに取り込みしたものをiCloudへ転送し自動的にApple IDでサインインしたiPhoneやMacなどのデバイスと同期を行います。

iCloud写真を有効にしているときはiPhoneで撮影した写真は自動的に自分のMacやiPadなどの他のデバイスでも閲覧できます。

この「iCloud写真」のメリットはiPhoneで撮影した状態そのままの写真がiCloudに保管されます。解像度や撮影時のフォーマットが維持されるため画像の劣化がございません。

また動画やLivePhotosも保存可能です。

「マイフォトストリーム」とは?

「マイフォトストリーム」は、「iCloud写真」と同じくiPhoneなどで撮影した写真や取り込んだ写真がiCloudに転送されることは同じです。

しかし、「iCloud写真」との違いは他のデバイスで閲覧するときにはダウンロードが必要です。その時、ダウンロードしたデバイスに合わせてサイズ変更が行われるため、画質が多少劣化するといったデメリットがございます。さらに動画とLive Photosも保存できない為、静止画のみとなります。

写真の保存可能最大枚数は1,000枚、保存期間は30日となっております。

よって「iCloud写真」が長期保管用であれば「マイフォトストリーム」は、一時保管向きです。

「マイフォトストリーム」のメリットはiCloudストレージを消費しないことです。

企業に送付するための本人確認用の身分証画像などの残しておきたくない写真の保存に適していると思います。

個人的所感

実際、私はこの違い全然知りませんでした。

写真整理するほど写真を撮らないというのもありますが、この違いはだいぶ違うので知っといて損ではないと思います。

特に一眼レフカメラで写真を撮影されている方は解像度の劣化やサイズなどを気にするかと思いますので「iCloud写真」の保存が良いですね。

しかし、無償のプランですとiCloudストレージの容量を大幅に消費してしまいます。

ですがiCloudの有償ストレージプランを利用すると50GB増量できます!

月々130円で利用できますのでこれが一般的なようです。

 

引用元

Source:「iCloud写真」と「マイフォトストリーム」はどう違う? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ - グノシー

Photo:gunosy.com

Photo:apple.com

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1-15-4第2セイコービル6F

03-5909-8556

新宿本店のブログ一覧

新着情報