梅田駅で格安SIMのmineoが節約モードの速度を大幅アップ | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

格安SIMのmineoが節約モードの速度を大幅アップ

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

iPhone修理&スマホ修理のスマホテック大阪梅田店です。

格安SIMと言えば、料金の安さは魅力的だけれど通信品質がイマイチ…なんて声をよく耳にします。

でも、mineoやUQmobileで提供している「節約モード」(低速モード)は、速度は遅いものの通信料がかからず通信ができるとして、一定の支持を得ていますが、このたび、mineoでは、ユーザーが任意で指定した場合の低速時の通信速度を大幅に引き上げます。

引き上げ期間は以下の通りです。

 

・ 6/10(月)早朝 ~ 6/17(月)早朝…… 512kbps

・ 6/17(月)早朝 ~ 6/23(日)  …… 1Mbps

 

500kbpsという速度は、UQmobileの「データ無制限プラン」で採用されている通信速度で、データ専用SIMで月額1,980円、音声通話SIMで月額2,680円で提供しています。

1Mbpsという速度は、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」で、高速容量を使い切った後でも1Mbpsを保証し人気を博しています。

1Mbps出ていれば充分実用的と言える

1Mbpsは一般的に「実用的に使用できる高速通信速度の下限目安」とされる速度です。

つまり、1Mbps出ていれば、高速通信として最低限の合格ラインと言う事です。

  200kbps
(通常節約モード)
500kbps
(6/10~6/17)
1Mbps
(6/17~6/23)
通常利用
(節約モードOFF時)
テキストコンテンツ
(メール/twitter/軽めのウェブ閲覧など)
画像コンテンツ
(重めのウェブ閲覧/Instagramなど)
音楽ストリーミング
動画視聴(低画質240p程度) ×
動画視聴(中画質480p程度) × ×
動画視聴(高画質720p程度) × × ×

こちらは、mineoがユーザー・コミュニティ「マイネ王」で公開している、角速度でのコンテンツ利用の状況を示したもので、やはり1Mbpsまでになると、高画質の動画再生以外は「〇」以上となっています。

料金がかからない通信で、ここまでのコンテンツを利用できれば、もう大容量のプランは不要…と考えるユーザーも現れるかもしれません。

しかし、現実を見てみると、mineoに限らず多くのMVNOの通信速度は、昼12時台等のピーク時間帯には、1Mbpsを割込んでしまい、実用性に欠けてしまうという現実があります。

いくら増速したからといえ、ピーク時も1Mbpsが保証される訳ではないはずですので、ピーク時の実用性の改善にはあまり繋がらないのかな…という印象です。

実際にMVNOを利用していて思うのは、ピーク時の速度改善です。

朝夕・昼時に2~3Mbpsを維持してくれれば、他の時間は推して知るべし…です。

引用元

Source/Photo:【mineo5周年記念】より快適にデータ使い放題!mineoスイッチ増速ウィークのお知らせ | スタッフブログ | マイネ王

梅田本店

530-0012
大阪府大阪府大阪市北区曾根崎2丁目11−11梅田駅地下通路内(梅田駅南改札徒歩1分)

0120-818-463

ブログ

カテゴリー