ミドルレンジの超最高コストパフォーマンス「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」 | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

ミドルレンジの超最高コストパフォーマンス「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」

渋谷店

2019.06.08

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

スマホ修理のスマホテック渋谷店です。

moto g7モトローラ・モビリティ・ジャパンはより2019年5月30日、スマートフォンの新モデルとして、「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」の3モデルを6月7日に発売すると発表がございました

ミドルレンジのSIMロックフリースマートフォン

「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」は、ミドルレンジのSIMロックフリースマートフォンでございます。どのモデルも水滴型のノッチ(切り欠き)を備えており、ディスプレイとデュアルカメラを搭載している。

約3万円の高コスパモデル「moto g7」

「moto g7」は6.24型(2270×1080、403ppi)の液晶ディスプレイを搭載するスタンダードモデルであり、「moto g7 plus」とほぼ同じだが、「moto g7 plus」にはカメラの光学式手振れ補正はありますが、「moto g7」はカメラの光学式手ブレ補正を省き、コストを抑えたモデルとなっております。

主なスペックは、プロセッサーがオクタコアの「Snapdragon 632」(1.8GHz×8)、メモリーが4GB、ストレージが64GB。microSDメモリーカードスロットも備える(最大512GB)。SIMカードのタイプはnanoSIMで、スロット数は2。4Gと3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応しているそうです

Motoストアでの価格は30,800円(税別)。

大容量バッテリー搭載で25,800円の低価格モデル「moto g7 power」

5000mAhの大容量バッテリーを搭載するのが特徴の「moto g7 power」。大容量バッテリーを搭載しつつも、「moto g7 plus」「moto g7」に近いサイズ感と重量を実現しているのがポイントでございます。

また、スペックは「moto g7 plus」「moto g7」よりも控えめで、6.2型のディスプレイの解像度は1520×720、271ppiのHD+、アウトカメラは1200万画素(F2.0)の単眼となります。

主なスペックは、プロセッサーがオクタコアの「Snapdragon 632」(1.8GHz×8)、メモリーが4GB、ストレージが64GB。microSDメモリーカードスロットも備える(最大512GB)。SIMカードのタイプはnanoSIMで、スロット数は2。4Gと3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応する。

Motoストアでの価格は25,800円(税別)。

光学式手振れ補正を備えた「moto g7 plus」

「moto g7 plus」は3モデルの中で最も高性能なモデル。縦横比が19:9の6.24型(2270×1080、403ppi)のIPS液晶を備えております。

ボディは3Dガラスを使った高級感のある仕上がり。

カメラは光学式手ブレ補正搭載の1600万画素(F1.7)+500万画素(深度計測用)のデュアルカメラを搭載。背景をぼかして人物を際立たせる「ポートレートモード」も搭載してあり、RAW撮影、「AIフレーミング」など多彩な機能を備える、インカメラも1200万画素(F2.0)と高画素で、「ビューティーモード」などを搭載しているとのことです。

主なスペックは、プロセッサーがオクタコアの「Snapdragon 636」(1.8GHz×8)、メモリーが4GB、ストレージが64GB。性能はmoto g史上最速だという。microSDメモリーカードスロットも備える(最大512GB)。SIMカードのタイプはnanoSIMで、スロット数は2。4Gと3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応する。

「Motoストア」での価格は38,800円(税別)

個人的所感

ハイエンドモデルはやはり機能、性能ともに高く魅力がございますが、やはり本体価格が10万円以上いたします。

そんな中、スマートフォンとしての十分なスペックを備え、本体価格が比較的な安価であるミドルレンジ端末が今注目を集めております。

今回、ご紹介させていただいた「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」の3モデルは超最高コストパフォーマンスの魅了をもっていると思います。

 

 

引用元

Source:kakakumag.com

source:k-tai.watch

Photo:k-tai.watch

Photo:k-tai.watch

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-11-4-3Fストークビル 3F

0120-790-768

ブログ

カテゴリー