渋谷駅でiOS13でリリースされるAppleの新しいプライバシー保護の形とは | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

iOS13でリリースされるAppleの新しいプライバシー保護の形とは

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

iPhone修理&スマホ修理のスマホテック渋谷店でございます。

今回のWWDCでもっとも重要な発表だったのは「Sign in with Apple」と呼ばれる新しいログインのためのサービスだと思っています。

プライバシーに並並ならぬ思いを持つAppleらしい、非常にセキュアな新サービス。

 

果たして浸透するのでしょうか。

 

それが、「Sign in with Apple」と呼ばれる新しいログインのためのサービスです。

 

今、あなたが登録しているWebサービスはどれぐらいありますか?

ニュースアプリ、ソシャゲ、動画サイト、SNS……などなど。

きっと多くのサイトのアカウントを持っていると思います。

本当は1つ1つログインアカウントを持つべきでしょうが、ついつい面倒なのでFacebookやGoogleのアカウントでサインインを許可してしまうことがありますよね。

でも個人情報が開示される事になるので心配……。

悪用することはないとWebサイト側が言ったとしても100%信じていいかは自己責任……。

 

Appleは今回のiOS13でそこにメスをいれてきました。

FacebookやGoogleでのサインインの代わりにAppleのアカウントでサインインできるようにします!と。

それが「Sign in with Apple」です。

 

ログイン方法はFace IDやTouch IDで行いますので不必要なユーザー情報が渡ることはりません。

また、ログインにメールアドレスが必要な場合は、Apple側がランダムにアドレスを生成してくれるため、個人のメールアドレスが知らされることもありません。

 

以前、テロ組織の内部やりとりにApple製品が使われていたことがあり、FBIがAppleに個人情報の開示を要求しました。

しかしAppleは個人情報を最後まで明け渡さなかったというニュースがありました。

 

プライバシーに並並ならぬ思いを持つAppleらしい、非常にセキュリティーの高い新サービスですね。

 

しかし、すでに使用しているWebサービスのアカウントをAppleを通してやり直す手間などを考えると、普及には時間がかかるかもしれません。

また、そもそもAppleのアカウントが乗っ取られたら芋づる式に他のアカウントもばれてしまうというリスクも背負っています。

その問題をどう乗り越えるのか。

「Sign in with Apple」の全貌はまだ明らかになっていませんが、今秋リリースのiOS13を楽しみに待ちましょう。

 

引用元

Source:プライバシーが理由でiPhoneへ乗り換える人が増えるかも | ギズモード・ジャパン

Photo:o-dan.net

渋谷店

150-0041
東京都東京都渋谷区神南1-20-15和田ビル 2階

0120-790-768

ブログ

カテゴリー