渋谷駅でiPad OSでiPadがついにマウス操作に対応しました | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

iPad OSでiPadがついにマウス操作に対応しました

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

iPhone修理&スマホ修理のスマホテック渋谷店でございます。

先日開催されたWWDCで発表がありましたが、ついにiPadがマウスに対応したようです!

一部ユーザーからはずっと要望のあったマウス対応だったので、ようやくか!という感じです。

 

おさらいをしますと、今回登場したiPadOSは今までのiOSとは異なり、よりiPadに特化したOSとなります。

この組み合わせでは、USB Type-C(USB-C)もしくはLightningポート経由でマウスを有線で接続することでマウスが使えるようになります。

もちろんBluetoothでの無線接続にも対応しています。すでにBluetoothマウスを持っている方であれば、わざわざコードを買い足す必要がないのは嬉しいですね。

 

ただ、今回のマウス対応は「アクセシビリティ機能」としてマウスに対応させたようです。

 

アクセシビリティとは身体が不自由な方でもiPhoneやiPadを使用できるようにとAppleが搭載している機能です。

今回のマウス対応も、表向きは「指先のタッチ操作でiPadが使いづらい人のための機能」として発表されました。

「仕事効率化のためにマウス操作を搭載したわけではないよ」というAppleの強い意思を案じますね。

 

でもちょっと待ってください。

iPhone Maniaによりますと、ただのアクセシビリティ機能では終わらないのでは?との予想が出ています。

Appleのディレクターのコメントによると、「障がい者以外のユーザーの使用も想定している」と認めたというのです。

つまり、表向きこそAppleは「アクセシビリティ機能」としてマウス対応を位置づけていますが、実際は「コンピュータとしてのiPad」という括りでマウスを実験的に搭載してみたとも言えるとの事です。

 

マウス操作が本当にアクセシビリティ機能だけに留まるのか。

はたまた、有能なビジネスツールになってくれるのか。

今秋リリース予定のiPadOSを楽しみに待っておきましょう。

 

引用元

Source:iPadのマウス対応から見えてくるAppleの意図とは - iPhone Mania

Photo:o-dan.net

渋谷店

150-0041
東京都東京都渋谷区神南1-20-15和田ビル 2階

0120-790-768

ブログ

カテゴリー