2021年以降の新型iPhoneは2回に分けて発表がある? | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

2021年以降の新型iPhoneは2回に分けて発表がある?

毎年秋にAppleは新しいiPhoneを発表しています。
ですが、「2021年以降は春と秋の2回に分けて新iPhoneを発表することになる」といった内容をJP Morganのアナリストが予測をたてています。

 

2021年は前期と後期にモデル発表か

 

2011年に発売されたiPhone4S以降、Appleは年に一度、9月に新モデルの発表をしてきました。
JP Morganのアナリストであるサミク・チャタージー氏によれば、「2021年からは前期(推測では3月〜6月の間)と後期(これまで通り9月)の2回に分けて新型iPhoneが発表される」といったことも述べています。
例えば、この内容が実現されるとSamsungが行っている新製品発表サイクルに追随する形になりますね。
Samsungは春にGalaxyモデルの発表、秋にNoteシリーズの発表をしています。

 

 

画面サイズは5.4インチ/6.1インチ/6.7インチに

 

Appleは今までにも発表のタイミングに複数の新モデルを春にリリースしています。
例えばiPhone SEは3月に発表、iPhone8/8 PlusのPRODUCT版が4月に発表されています。
ただ、こういった例外の発表もありましたが旗艦モデルは秋発表というタイミングのままです。
チャタージー氏がサプライヤー各社の調査をしたところ「Appleは今年の秋から新型iPhone発売スケジュールの調整を始めており、2021年からは前半に2モデル、後半にさらに2モデルを投入する可能性が高い」ということがわかりました。
チャタージー氏によれば、2021年発売の新モデルiPhoneは4モデルという内容でいずれも5Gに対応しているようです。
画面サイズは5.4インチ/6.1インチ/6.7インチ、うち6,.1インチは2モデルのようです。
ハイエンドモデルは3Dセンサーを搭載するという予想をされています。
3Dセンサーについてですが、2020年のiPhoneから搭載が始まるという予測があります。

次のiPhoneはiPhoneSEと同じような筐体になるのではないかという噂もある為、楽しみが多い内容になりそうですね。

Source:Marketwatch via 9to5Mac
Photo:9to5Mac

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3-35-6 新宿アウンビル5階

0120-336-099

ブログ

カテゴリー