docomo、東京オリンピックモデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」 | 公式ブログ | スマホ修理のスマホテック

スマホ修理のスマホテック
スマホ修理のスマホテック

docomo、東京オリンピックモデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」

新宿本店

2019.05.18

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

スマホ修理のスマホテック新宿本店です。

2019年5月、新時代の「令和」が幕を開けました。

そして、来年2020年はいよいよ「東京オリンピック」でございます。

先日、チケットの抽選販売が開始され、ますます来年の本大会に向け日本全体が盛り上がってまいりました。

そんな中、スマホ業界も盛り上がりを見せております!

大手3キャリアの一つのdocomoが2019年スマートフォン夏モデルの発表を致しました。

新機種としてスマートフォン10機種、フィーチャーフォン2機種が発売するそうです。

各機種、6月から随時発売されるとのこと。

東京五輪限定モデルが登場

ドコモが発表した、計12機種の中でなんといっても東京オリンピックモデルの「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」でございます。

「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた特別仕様のモデルで、同大会のゴールドパートナーであるドコモだからこその限定で販売されます。

2019年夏モデルのスマートフォンの一つ「Galaxy S10+ SC-04L」の機能はそのまま、背面に(東京2020)大会エンブレムをあしらっております。さらに、限定デザインのワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」も同梱され、特別な外装箱で提供するとのことです。

また、オリンピックモデルにあわせた特別コンテンツも用意される予定。

Galaxy S10+ SC-04Lとしてのスペック

「Galaxy S10+ SC-04L」は、サムスン電子が2月にグローバルで発表していた「Galaxy S10+」のNTTドコモ向けモデル。従来モデルよりも0.7mmの薄型化、14gの軽量化を実現し、IP68の防水・防塵に対応する。ディスプレイのサイズは6.4インチ。インカメラは2つ搭載されるとのことです。バッテリー容量は4000mAh。

背面のメインカメラは3つ搭載され、超広角レンズ(1600万画素、画角123度、F2.2)、広角レンズ(1200万画素、画角77度、F1.5/F2.4)、望遠レンズ(1200万画素、画角45度、F2.4)という構成。

メインカメラのうち、一般的な用途向けの広角レンズ(画角77度)は、従来モデル同様にデュアルアパチャー仕様になっていて、絞りをF1.5とF2.4を光学的に切り替えられる。自動で撮影したときに適切な絞りが自動選択されるほか、プロモードで撮影するときにはユーザーが絞りを選択することもできる。

1万台限定!

「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」の発売に先立ち、5月16日12時より事前予約の受付を開始したとのことです。同モデルは、オンラインショップ限定販売となるため、事前予約を含め、店頭受付は実施しないとのことだ。

また、ドコモオンラインショップにおいて1万台限定で販売する。販売価格は114,696円(税込)とのことです。

個人的所感

恐らくもう、この先を展望してみても一生に一度であろう「東京オリンピック」でございます。この限定モデルは1万台限定ということもあり、お値段は高額でございますが、購入できたら希少価値の高い商品になりそうです。

また、新機種だけにスペックもハイエンドであり、申し分ございません。

そのことを考えるとお値段的にも相応しい額ではないでしょうか。

 

引用元

Source:k-tai.watch.impress.co.jp

Source:news.kakaku.com

Source:news.kakaku.com

Source:itmedia.co.jp

Photo:news.kakaku.com

Photo:itmedia.co.jp

Photo:k-tai.watch.impress.co.jp/a>

新宿本店

160-0023
東京都新宿区西新宿1-15-4第2セイコービル6F

03-5909-8556

新宿本店のブログ一覧

新着情報